読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

コピーライティングって単に法則を守って書くことではない!

コピーライティング

結構みなさんコピーライティングを学びたい!売れる文章を学びたいとおっしゃるのですが、法則を学んで順番に文章を落とし込めば商品がどんどん売れるというわけではないですよ?

 

Oathの法則とかPasonaの法則とかAIDMAの法則とか、いくつかの型はあると思いますが、こういう法則って物理法則と違って必ずしも1つの答えが導き出されるわけではないんです。

 

そりゃそうですよね?

 

f:id:nihongo1000:20160922162514j:plain

人間はロボットと違ってひねくれもの(笑)育った時代や環境が違えば言葉の価値基準が大きく違うものであり、そう単純なものではありません。

 

対人での経験がある程度ない人は特にそうですが、表面的な法則に従って文章を買いてもそもそもの出だしが違んですよ。今回はそんなところをお話ししたいと思います。

 

 

 

コピーライティングは基本法則以外にも抑えておきたいポイントがある

 

まずコピーライティングは文章での信頼度を上げるためのテクニックのように思われますが、文章だけではないんです。

 

デザイン力、コンテンツ量などでも十分カバーできますよ?

 

なんかこのブログすごく継続して書かれているな?

 

デザインがカッコいいな?

 

顔出しして唾を吐きながら熱弁しているな?

 

だから文章は下手くそでも信頼がおけるな?

 

こういうのも重要なコピーライティングの要素なんです。ちょっと思い出してほしいのですが、学生時代どんな先生のゆうことを信じていましたか?

 

○○の法則みたい論理的に話す先生だけが好きではなかったはずですよ?

 

みなさんだって学校の先生のキャラに応じて好き嫌いがあったと思いますよ?

 

もう若くて美人の先生だから言うことを聞いちゃう♡

これ、ヤンキー生徒にありがちですよね?

 

 

f:id:nihongo1000:20160922162920p:plain

 

語り口が優しくて、ちょっとぐらいミスしてもカバーしたくなる

 

f:id:nihongo1000:20160922163026p:plain

そういう先生もいたと思います。

 

これと同じですね。

 

 

狙った集客ができなればコピーライティングは意味をなさない

また、コピーライティングの型をある程度マスターしたとしても、狙った通りに集客ができなければ全く意味をなさないですよね?

 

f:id:nihongo1000:20160922163726p:plain

外でチラシを配っている美容サロンなどにありがちですが、「新規店オープンです!」とか「ヘアエステやりませんか?」などと言いながら・・・。

 

禿げたおっさんにチラシ渡しても来ないですよね?

 

いや、髪ないし・・・(*´з`)

 

これと同じで間違った集客=多くの場合は意図しないキーワードでのウェブ集客を続けている限り、コピーライティングを活かした文章を書いても、「ハゲのおっさんに、パーマ専門店のチラシを配る」がごとき、全く意味をなさないことに注意して下さい。

 

コピーライティングは集客とデザインとコンテンツを同時に学ぶ必要がある。

で、最後は結論なのですが、コピーライティングを本当に学ぼうと思うのであれば、いや、学んだスキルを実際に活かしてマネタイズしようと思うのであれば集客やデザインも一緒に学ばなきゃダメってことです。

 

記事数が増えれば専門性と信頼度が上がり、アクセスキーワードが見えてくる

 

キーワードが分かれば、そこにあったキャラとデザインが見えてくる

 

 

そこでやっと自分の市場に合わせたコピーライティングが見えてくると思うんです!!

 

だから結局ブログを書くのが一番いいという単純明快な理由になるのですが(笑)でもこれ本当ですよ?

 

文章を自分で毎回書けば自然とコピーライティングは身に付きます。コピーライティングを自分のブログに使うという意識で世の中をぜひとも眺めてみてください。

 

映画を見ても勉強♪

 

マンガを読んでも勉強♪

 

食事のメニューを見ても勉強♪

 

そこら中にコピーライティングのお手本はあふれているんですよ!

 

科学は自然の分析から始まった学問です!!みなさんも自然にぜひとも学んでみてくださいね!!

 

こういう技術を総合的に学びたい人はコチラも参考にどうぞ♪

 

nihongo1000.jp

 

ポケモンGOに便乗したビジネスアイデアを速攻で10個考えた!!

マーケティングと販売戦略

いや、すごいですねポケモンGOの人気。アクティブユーザーが現在Twitterを超えているということで、ネットのマーケティングとしては絶対に外せないところ。

 

リアルビジネスにおいてレアポケモンさえ発生させれば集客ができるのですから、ぜひとも地域振興に役立ててほしいところです。

f:id:nihongo1000:20160728104712p:plain

f:id:nihongo1000:20160728104718p:plain

 

 

 

markezine.jp

 

さて、多くビジネスマン、自営業の方はポケモンに便乗してどうにか稼げないのか?集客を活かせないのか?アイデアをひねっていると思うので私も10個ぐらい速攻で考えてみましたよ♪

 

ポケモンGOに便乗して稼ぐためのアイデア

 

① 貸出自転車

 

→ 折り畳み自転車があれば行けそうですね。地元商店街などで協力してポケモンはんと用の自転車を貸し出してみてはどうでしょうか?

 

ただ、歩きスマホならぬ、走りスマホで事故も起きているので注意が必要ですね。

 

② ポケモン取得用一日貸し切りタクシー

 

→ 日本観光客を相手にポケモンキャラを捕まえるための貸し切りタクシーはどうでしょうか?個人タクシーならできないのかな?

 

③ 人力車×ポケモン探し

 

→ ついでに人力車でポケモン探しなども風情があってよさそうですよ?町の地域情報を教えてもらいながら、スポットについたらポケモンハント!普段は高く見える人力車もポケモンのためなら安いかも!?

 

 

④ ポケモンGO用観光バス

 

→ 国内外の観光客相手にポケモンGO用のバスツアーはどうでしょうか?地方都市でもレアポケモンがいると分かれば若者が集まってくるかもしれませんよ?

 

ポケモンのための旅行なんて考えられませんでしたが、これをビジネスチャンスに変えてみては?

 

 

⑤ ポケモンGO専用地域マップ

 

→ ポケモンGOのGPSって不親切なんですよね。せっかくなので手作りのマップを発売してはどうでしょうか?商店街で協力すれば風情あるポケモンマップができるかもしれませんよ?

 

⑥ ポケモンGOキャラクター菓子パン

 

→ もうやっていると思いますけど、キャラクターに便乗した菓子パンですね。店名をSNSでつぶやいてもらえばミニチョココロネおまけ!なんてことにすれば、タダ同然で集客ができるかもしれません。

 

寿司屋とかもこの機に売り上げUPを狙って商品開発を思想ですね♪

子供は味よりポケモンだと思います。

 

 

⑦ ポケモンGO専用スマホ

 

→ ポケモンGO専用の格安スマホも販売されそうです。もうゲーム機にしてしまえばいいのに・・・(*_*)と個人的には思うのですが、スマホでできるのがメリットですからね。

 

⑧ ポケモンGOスマホ充電用カフェスペース

 

→ 充電がとにかく問題なのでポケモンGO用のカフェスペースで電源を貸し出してはどうでしょうか?アルコールも出せば粗利も高いし、儲かるかもしれませんよ?

 

⑨ ポケモンGO仲間のための街コンや合コン

 

→ ポケモンを集めるという口実の出会いですね。合コン、街コンなどのイベントと本当に相性がよさそうです。つぎつぎとこういうサービスは出てくるでしょうね。

 

⑩ ポケモンGOのセキュリティー関係

 

→ 絶対に危険地域にもポケモン探しに侵入してしまう人がでるので、セキュリティー関連の仕事の需要が起こりそうです。イラストレーターは看板作成とか手を出してみたらどうでしょうか?

 

ポケモンGOの未来市場を捕まえるにはモンハンとアナ雪を参考に!

このようなブームの先に何があるのか?どのような便乗ビジネスが起こりうるのか?それをいち早くリサーチするためにはモンスターハンターとアナ雪のブームを追ってみれば分かるのではないかと思います。

 

f:id:nihongo1000:20160728110436p:plain

観光業に、ハンドメイドに、アクセサリーにも貢献したアナ雪。

 

f:id:nihongo1000:20160728110802j:plain

モンハンも様々な複合ビジネスを生みましたよ?

 

ネットビジネス関連で言えば当然モンハンGOの攻略サイトや掲示板ができまくっていると思いますし、Twitterも大賑わいですね♪

 

この機会をチャンスととらえるか、単なる一過性のブームととらえるかはあなた次第。アメリカでこれだけブームになっているのですから、何かビジネスに繋がらないかな?と私も常に考えていますよ!