読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ウェブセールスコピーライターの簡単な勉強法とは?

ウェブライティングの技術はHPに書いたし、キャッチコピーの記事は書いた。 そうか、後はウェブセールスのコピーライターとして独立するための勉強法が 知りたいわけですね。

 

前にもメルマガ登録者さまでコンテンツビジネスをやりたいんですけど どんな勉強をすればいいですか?教えてくださいという質問があったのですが 時間がなくって流してしまいました。

 

無料でコメントなんて一日5人が限界です(>_<)

 

しかもみんな非公開でお願いしますっていう 一方的なお願いなんですよ・・・。 さて、ウェブのセールスコピーライティングの勉強法を私がどう考えるのか?

 

簡単なコピーライティングの勉強法

いわゆる販売ページ作成ですが、写経とか、参考ページの収集とか、そういうのも 良いと思うし、キャッチコピーの本とか、有名人のセールスレターを読むのも良いと思いますよ。  

 

でもね、私だったら何するのか?簡単な方法を教えましょうか?

f:id:nihongo1000:20150623144027j:plain

 

   それはね、その商品が大嫌いでしかたがない人の話を直接聞くこと です。

 

集めることです。

 

これがもっとも売れるセールスコピーライティング技術習得の近道だと思います。   自分のことが大嫌いな相手が自分を一番よく知っている人という言葉があるでしょ?

 

大体私はA型で結構細かいと思っているのですが、事務系の神経質な方と相性が悪い。 また、結構はっきりものをいうので、年上の先生とも相性がイマイチ。

 

これは両極端。

 

なぜ、私が嫌われるかと言うと、年食ってるだけでいばっている先生を全く尊敬していないのが バレバレだし、事務のちょとしたミスなんて良いだろ?

 

って直す気がないのがバレバレだから(>_<)  

 

もうね、学校の業務報告連絡表とか書くのがつまらなくて仕方ないです。 どうせ、次もオレがやるから良いじゃん。

 

引き継ぎもどこどこページの何を、どのくらいの分量でやって どこまで生徒が理解していて、単語はいくつ紹介して、生徒の反応はどうだったとか、書くのめんどくさくて 仕方がない。

 

非常勤だと、この時間無給だしね。  

 

だって、こと細かく業務連絡書いている人の授業が下手くそで生徒に人気無くて、お客が減って クレームのとばっちりを受けて、こっちに負荷がかかって、本質と関係ないと思っているから。

 

でも、向こうにも言い分があるわけです。

それは言い訳♪ 連絡はきちんとしろ。ってことですね。

 

はい、その通りでございます。ごめんなさい(T_T)  

 

コピーの枚数だってきちんと数えてこれからは報告・・・・・。

しま、しま、しま・・・。嫌だ、めんどい(-_-メ)  

 

 

で、話がそれそうでしたが、嫌いな人の意見を聞くとね、自分の弱みと強みが浮き彫りになるんですよ。

 

ウェブセールスコピーの勉強もね、それが好きそうな人を想定するのと同時に、それが大嫌いそうな 人の意見を聞くと良いんじゃないかな?調べると良いのでは?  

 

私もねアフィリエイトを主に教えているし、結構好きな部分もあるけど、情報ビジネスの全部が好きな わけじゃない。

 

むしろ大嫌いな側面もあるです。だからレターが書けるのかな。 実は来年に向けてちょっとだけアフィリエイトの基礎講座への招待レターを練習してました。 私の純粋な思いが結構詰まってるんですよ?

 

ただ、これは自分の商品だから思い切って書けるわけです。   もしプロのウェブセールスコピーライターになったら、別に売りたくもない商品を頼まれたら 誇大表現で売るしかない。

 

実績あげないと依頼来ないからね。ここが苦しいかな。

 

でも、多分大抵商品て全部がダメなわけじゃなくて一部が良かったりする。見方によってはね。

 

だから、その一部を発見できる能力を養ってくださいませ。 そのためには売れるセールスレターを読むんじゃなくて大嫌いな人の声を聴くことだと思うんですよ。  

 

後はね、生徒にもよく言ってるんだけど、いろんな人と恋愛しなさい(笑)国境を越えても良し。

 

すげーいろんな価値観があるって気づくからね。   もう、嫌いなタイプと付き合うとか最高の勉強になると 思いますよ?

 

1億稼ぐプロになるならそこまでやっても良いのかなぁ。 私もプロ講師としてはいろんな生徒さんと付き合ってきました。

 

そりゃね、嫌なことも沢山あったけど、 それは自分のもう一つの顔なのです。と、言うわけでセールスコピーライターさんへの答えでした♪