読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

コピーライティングに必要な4つの構成要素を例文つきで紹介

コピーライティング

一生懸命記事を書いているのになかなか物が売れないんです(>_<)

アクセスが集まらないんです!クリックされないんです!

 

HPでおっしゃった様にデザインが悪いんですか?

テーマがダメなんですか?商品選びがいけないの(T_T)と

個別指導の方から連続質問がっ!

 

正解はどれも!って言ってしまいたいのだけど、今の時代

アメブロはもちろん、ブログのデザインは相当安くテンプレートで補うことが可能。

 

商品選びも実際に売れ筋商品は広告主が教えてくれている状態

なのに売れないってことは、記事の書き方がダメだってこと。

 

というわけで、今日の講義はブログの構成要素について

 

PASNAの法則・AIDMAの法則

など小難しい用語はおいて置いて(笑)

 

次の要素を毎回記事に入れておけば、確実にあなたのブログは面白くなるし

きっと人が行動する。そしてネットで物が売れると思う。

 

それは

 

 主張・対話・エピソード・事例

 

このどれかが欠けていると、きらりと光る文章は書けないし、人の記憶に残らない。

アフィリエイトブログ然り、メルマガ集客用のブログ然り、店の宣伝用ブログ然りである。

 

 

①の主張とはこの記事で一番言いたいことは〇〇ってこと!を先に決めて書く

 記事タイトルに基本入れること。

 

②対話というのは質問文です。問いかけがないと話されている気にならない。

 文末の「ね?」「ぞ?」「だよ?」のような確認のフレーズなどもそう。

 

③のエピソードとは体験談。身近な例をテーマに引き寄せる。自分でも他人でもOK

 この力が非常に重要。他人の話を自分のブログのテーマに引き寄せる力。

 

 自分の体験なら一番良い。

 

④の事例というのは客観的なデーターね。数字・グラフ・写真・動画などで表現

 

例文必要ですかね?

 

どうしようかなぁ。

 

あ、一番難しそうなクレジットカードにします(笑)

 

実は売りたいって思っている人が多そうだから!

 

CMの高額案件というやつで、芸能人もギャラを稼ぐために出てるしね!

 

当ブログの皆さんはどんなに欲しくなっても手を出しちゃダメですよ?(笑)

 

f:id:nihongo1000:20150705005236j:plain

 

 

 

ではでは・・・。

 

コピーライティングのお手本と例文

 

タイトル:「ディズニー初デートで大失敗したくないならこのカードを持って行け!」

 

→ タイトルに主張を一発入れておく。

 

初デートはディズニーランド。誰もが思い出を作る場所。

ミッキーと記念写真。思わず意中の彼女も笑顔がこぼれる

 

→ ちょっと対句的表現。名詞で終わるとリズムが生まれる

 

誰もが憧れるそのデートに行く前に、一つだけあなたに

勧めたい武器がある。

 

それは、魔法の惚れ薬でも、毒りんごでもなんでもない。

マジカルワールドで最も威力を発揮するものが一つだけある。

 

→ 別にどうでも良いが、ちょっと比喩表現の前ふり♪

 

それがJTBカード。他でもない、このカードを持っていかない

ばかりに、最高のデートをぶち壊した苦い思い出をあなたに味わって

欲しくないからこういっているのだ

 

→ 機会損失の法則。人は失敗談に引き付けられる。

 

あなたも知っていると思うが、週末のディズニーというのは恐ろしく混む。

ファストパスが5時間後。人気のアミューズメントは2時間待ちなんて

こともざら。

 

→ 事実。客観事例。写真などで補足説明。

 

ちょっと疲れた体を休めるのがレストランなのだが、ここでJTBカードが

ないと大変な思いをする。

 

→ 主張の確認。

 

分かっているともうが、ディズニーレストランは高い。

夢の値段が含まれているからである(笑)

 

特にディズニーシーで高級なイタリアンで

軽く食事をしようとなると、予想以外のお金がかかる。

 

そこで現金だけ持っていると、会計の時にお金がなくて

初デートの時に彼女に借りる羽目になる。

 

これが俺がやってしまった失敗。

 

考えてみてほしい。初デートでディズニーに行ったら予想以外に

お金がかかり、レストランの会計で彼女にお金を借りる瞬間を!

 

「あ、ごめん、お金下ろすの忘れてた?」と言わなければならない状況を

「ちょっと足りないや、お金貸してくれない?」という恥ずかしさを!

 

そもそも、彼女もお金を持っていなかったら・・・・?

一瞬でデートが台無しになること間違いなし。

 

→ 相手にイメージで想像させること。会話をもっと挟むとリアリティーが増す。

 

確かに現金を3万ポケットに忍ばせて行けば安心かもしれない?

敷地内にATMがある?

そう思う人もいるだろう。

 

でも、人間そうはいかなくなる。

 

財布の残りが1万に近づき、5000円と桁が減っていくと途中から

お金のことが気になって気になって楽しめなくなってしまうものなのである。

 

途中でお金が無くなって混雑の中ATMでお金を引き落とす羽目になる。

そんなデートをして大人のあなたは本当に楽しめるのだろうか?

 

→ 持っていないことのデメリットを先に強調。

 

 

JTBカード一枚持っていなかっただけで、あなたと彼女の笑顔が消える。

そうならないで欲しいと心底思っている。ちなみに今ならディズニー限定の

オリジナルカードも手に入る!

 

ちなみにこのカードを持っていると試写会に参加できるし、さらにオリジナルの

グッズももらえるのだ!この話題でデートの会計の時に盛り上がることも

間違いなし。

 

「今度、カードの試写会行ってみない?」

 

「それ、ちょっと行きたいかも?」

 

「プレゼントもおまけで付いてきたからあげるよ?」

 

なんて言われて喜ばない子などいないと思う。

 

→ 未来の夢のシーンを想像させる。

 

彼女との最高の思い出づくりに、この際カードを作ってみては?

そのデート失敗したくないんでしょ?

 

 

 ・・・以上。

 

この話が事実かどうかは謎のままだが(笑)きっとこの4つの要素を念頭に

記事を書けば、コピーライティングの細かいテクなんか無視しても、

魅力的な文章が書けるだろう。

 

 

 

というわけで、あなただけの「物語」紡いでほしい。

きゃっ恥ずかしい(>_<)