読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ネットビジネスの効率良い勉強法と意識の持ち方

ビジネスにおけるコスト意識が大切というのは誰でもわかること。人件コスト,移動コスト,時間コスト。要は無駄なお金の使い方。

最近個別指導やメルマガ読者様への指導を通じて感じているのが「忘却コスト」への意識である。

なんかカッコつけちゃってカタカナにしただけだけど(笑)

よほど意識しないと、人は同一人物に同じ話を繰り返しているし、また同時に同じアドバイスを何度も受けているということである。

f:id:nihongo1000:20150708170057j:plain




一般的に人は20分で記憶の42%を忘れてしまうと言われている。

その位忘れやすい生き物であり、そうではないと毎日入って来る膨大な情報を処理しきれずに脳がパンクしてしまうのだ

400万近く使って手に入れた大学の知識が1年でなくなってしまうように、相当意識をしておかないと、尋常じゃあないコストがかかる。

そこを知った上で、この忘却コストを食い止めるべく私が取り入れているネットビジネスのシンプルな勉強法がある。

 

短期間で稼げるようになるための勉強法とは?

 


それは一ジャンルの類似本を同時に出来るだけ読むようにすること。

例えば、書店に行けばSEOに関する本,フェイスブックで稼ぐ本、アフィリエイトで稼ぐ本。アマゾン輸入で稼ぐ本などが並んでいると思う。

ここで、数ある本の中から一番良さそうな本を1冊ずつ選んでバラバラに読むというスタイルを私はとらない


なぜなら忘却コストの面からすると非効率すぎるからだ。

f:id:nihongo1000:20170323160354p:plain


free-academy.jp

私の部屋に来たことがある人は分かると思うが、ある一定期間、私の部屋には「同じ種類の本で別の作家が書いたもの」がズラりと並んでいることに気付くはず。


例えば今週はLINEの集客法や設定について勉強しているのだが、そのような場合はLINEに関する本を片っ端から並べ、ほとんど同じように見える物でも読むようにしている。

一見非効率に見えるがこれが記憶にとって抜群に効果的なのである。

凄くわかりやすく言うと、バスケを学ぶ際には

①スラムダンク②リアル③あひるの空④アイル⑤Dearboysを同時に読むような感じ。

すると、例えバスケをやったことがなくても全体の構造が、様々な編集の切り取り方や、類型表現によって一気に記憶に定着するのである。

そういえば、Twitterのつぶやきと拡散リツイートを極めて、ライブ集客講義を作ろうとしていたときに、個別指導のオッサンが来て「こんなに徹底的に読むんですか!?」とびっくりしていたのを思い出した。

ただ、この方法もデメリットはあって、同時に同ジャンルの本を読むと記憶は格段に良くなるのだが、発想力とか創造性とかが落ちる気がしている。

そうなると閃きは生まれない。

だから、今週は新しいことを何か見つけて行きたいと思う場合は、逆に完全にバラバラの分野の本を読むようにしている。



さてさて、なんか超偉そうに書いたけれど、言いたいことは3つだけ。

 

ネットビジネスで稼ぐための勉強法まとめ




1 忘れるという行為にかかるコストは甚大

2 だから同類の本を読んで定着を図ろう

3 逆に発想力を鍛えたければ全然ちがうジャンルの本を同時に読もう!


言葉とは不思議。この3行を伝えるためにここまで文章が長くなってしまう。で、頭のいい生徒はすぐに気付く!


・・・・先生・・・話なげ~( 一一)  


・・・ま、良かったらやってみて!